ロゴ

認知症改善にも効果がある〜レシチンを摂取するメリット〜

HOME>Column>レシチンを飲んで脳を元気にさせよう!効率よく栄養を摂取

レシチンを飲んで脳を元気にさせよう!効率よく栄養を摂取

女の人

レシチンの効果

レシチンとは大豆、卵、肉類等に含まれるリン脂質のことです。身体や脳にとって重要な成分で、細胞膜の構成成分となります。レシチンには様々な効果がありますが、特に注目すべき効果はアルツハイマー型認知症の予防です。脳に十分なレシチンがあることで神経伝達物質の生成を促し、記憶力や集中力を高める効果があります。またレシチンには乳化作用があります。つまり水と油の両方の性質を持っているため、血液中のコレステロールが溶けて余分なコレステロールが血管内に溜まるのを防いでくれる働きがあります。これにより動脈硬化の予防にもなりますし、血流が良くなることで美肌効果も得られるのです。酸素や栄養素が更に全身に行き渡ることで、様々な健康効果が期待できます。

女性

効率的な摂取方法

レシチンを効果的に摂取するには普段の食事をバランス良く取ることが大切です。卵黄レシチンには神経伝達に役立つホスファチジルコリンという成分を含むため、脳の活性化に特に有効です。また大豆レシチンはコレステロールを含まないので、中性脂肪の気になる方にお勧めです。卵黄や大豆の他にもウナギ、レバー、ウニ、小魚、ピーナッツなどにも多く含まれています。また一緒に摂取すると効果的なのは、ビタミンA、D、E、Kです。レシチンの持つ乳化作用によりこれらの脂溶性ビタミンは更に身体に吸収されやすくなります。毎日の食事での摂取が難しい方はサプリメントを利用するのもいいでしょう。その際には極力添加物を使用していないものを選ぶように気をつけましょう。